もし交通事故に遭ったら?

もしも事故に遭ったとき、どうすればいいの?

01警察の届け出

警察への届け出は運転者の義務です。これは法律上の義務ばかりでなく、任意保険・自賠責保険を問わず保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明」の交付にもつながりますので、必ず行ってください。
警察への届け出は運転者の義務です。これは法律上の義務ばかりでなく、任意保険・自賠責保険を問わず保険金を請求する際に必要となる交通事故証明」の交付にもつながりますので、必ず行ってください。

02相手の情報収集

交通事故にあった方の確認事項として、以下の項目が必要です。 相手の ・住所 ・氏名 ・連絡先(免許証等で確認) ・加入している自賠責保険 ・自動車保険の会社名 業務中に事故を起こした場合は、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。 相手車両の登録ナンバー、勤務先、雇主の氏名・住所・連絡先も確認してください。 ※可能であれば書類をコピーさせてもらいましょう。
業務中に事故を起こした場合は、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。相手車両の登録ナンバー、勤務先、雇主の氏名・住所・連絡先も確認してください。 ※可能であれば書類をコピーさせてもらいましょう。

03目撃者の確認や記録

相手方とトラブルになった際、重要になってくるのが第三者の声です。 目撃した人がいる場合はその証言をメモし、 記憶が曖昧にならないよう事故直後の状況(車両の損傷、ブレーキ痕など)を写真に残しておくことも大切です。 ※記録は自賠責保険終了まで残しておきましょう。
相手方とトラブルになった際、重要になってくるのが第三者の声です。 目撃した人がいる場合はその証言をメモし、 記憶が曖昧にならないよう事故直後の状況(車両の損傷、ブレーキ痕など)を写真に残しておくことも大切です。※記録は自賠責保険終了まで残しておきましょう。

04医療機関で診察 →整骨院で治療

交通事故直後には軽症に見えても、あとで重症化する場合がありますので速やかに医療機関で診察を受けましょう。 その後、相手の保険会社に『あいあい整骨院』に通院するという事を伝えてください。 最初に診察を受けた病院にしか通えないということはありません。通院される場所はご本人の意思で決められます。
交通事故直後には軽症に見えても、あとで重症化する場合がありますので速やかに医療機関で診察を受けましょう。 その後、相手の保険会社に『あいあい整骨院』に通院するという事を伝えてください。 最初に診察を受けた病院にしか通えないということはありません。通院される場所はご本人の意思で決められます。

よくあるご質問

交通事故の治療費は誰が払うの?
相手方が加入している保険会社が支払いますので、窓口でのご本人負担はありません。また、相手が「保険に加入していない」と言う場合でも、車を所有している方なら自賠責保険には入っていますので、そこから治療費はまかなえます。
同乗者で事故にあった場合はどちらの自賠責保険に損害賠償金の支払を請求できるのでしょうか?
同乗者で事故にあわれた場合は運転手同士による「共同不法行為」の被害者となります。「共同不法行為」の場合、両方の自賠責保険に賠償金を請求することが可能です。 この場合には自賠責保険金の支払限度額は2契約分になりますので傷害事故の場合120万円×2=240万円となります。
通院交通費はどの程度認められるのでしょうか?
原則として実費が認められますので領収書をしっかり保管しておきましょう。タクシーを使用する際は必要性・相当性がなければ、公共交通機関限度しか認められません。 例えば、通院時に付添看護人がいない、歩行が困難である、整骨院が交通の不便なところにある等の場合タクシー利用の必要性・相当性が認められやすいです。保険会社がタクシーの利用を許可してくれた場合は通院実日数分のタクシー代について支払ってもらえる場合があります。
自賠責保険の面倒な手続きは自分でやらないといけないですか?
施術に関する保険会社との手続きは当院が行いますのでご安心ください。
症状が軽くても保険で施術が受けられますか?
症状の軽い、重いに関係なく施術を受けることができます。症状が軽いからといって放っておくと、後から症状が辛くなってくることが多々あります。症状が軽いと放っておきますと、その後に痛みがでましても事故との因果関係が曖昧になりますので、少しでも違和感があるようでしたらお早めのご来院をおすすめします。
交通事故で後遺症障害にならない為には、早期治療が重要です。

お気軽にご連絡ください

予約メニューを開く
料金表 料金ページへ 店舗一覧 店舗一覧ページへ